HOME>ホットトピックス>結婚式に日本らしさを求める人が多く人気となっている

伝統を重んじる挙式スタイル

和婚

明治時代、皇族がはじめて神前式にて挙式をしたことにより、庶民の間でもこのスタイルでの結婚式が普及したと言われています。意外と歴史的には古くないものの、古式ゆかしく伝統に則って神社で挙式を上げるスタイルは、根強い人気を集めています。このスタイルでの挙式では、神社にて式が執り行われます。挙式の際には、神社へ参拝に来ていた人たちや観光客にもお祝いをしてもらえることから、神前式は依然として人気のあるスタイルです。

やはり日本らしさが人気

花嫁

日本人として生まれたならば、日本らしい結婚式を挙げたいという新郎新婦の気持ちから、神前式は人気が高いです。時代が変わっても神前式の人気が不動であることは、やはり日本らしさを求める人が多いからだと言われています。女性の場合は白無垢に身を包み、男性の場合は紋付袴を着用します。そのため、写真撮影をしたときにも見栄えが良いのは、圧倒的に神前式になります。たしかに、チャペルでの結婚式に比べると予算は高いのが通例ですが、それでも神前式は親族を始めとした結婚式の参列者からの評価が高いです。こうしたことから、自分の結婚式は神前式で行いたいというひとが依然として多いです。

広告募集中