HOME>注目記事>申込や注意点について知っておきたい基礎知識
神前式

どこに申込をしたらいいのか

神前式の準備の手順は、一般的な結婚式と基本的には同じであり、式場選び・衣装選び・打ち合わせ、といった順序で準備を進めていくことになるでしょう。しかし神前式は、神社で挙式をするケースもあれば、ホテルや専門式場でおこなうケースもあるため、どこでおこなうかによって申込先も違ってきます。神社で挙式をする場合は、神社に直接申込む方法と、提携している結婚式場に申込む方法があります。披露宴会場については、神社に併設されているのであれば、神社から申込むことが可能ですが、別に探さなければならない場合は、神社と披露宴会場のそれぞれに申込をする必要があるでしょう。また、ホテルや専門式場で神前式をする場合は、一般的な結婚式と同様に、そちらの式場へ申込むだけで済みます。

挙式に友人などを呼べない場合もある

神前式をおこなうときに注意しておきたいこととしては、「挙式に招待できる人数が限られる場合がある」ということがまず挙げられます。神社での挙式は、本来、親族だけが参列できるものとされているため、一般的な結婚式のように友人などを多く呼べない場合があります。しかし最近は、親族以外の友人なども呼べる神社も増えており、30人~40人程度招待できるようになっていると言えるでしょう。そのため神前式をするときは、親族だけという本来のスタイルでやるか、または参列者を多く呼ぶかということをまず考えた上で神社を選ぶ必要があります。

広告募集中