伝統的な日本の結婚式

神前式

神前式は、神様に結婚を報告するという伝統的な日本の結婚式です。チャペル式の結婚式のようにファンシーな雰囲気ではなく、厳粛で荘厳な雰囲気の中行われるのが特徴です。神様の前で誓うという儀式であるため、私語も禁じられた中で行われます。そのため、結婚に対する覚悟や意識が自然と芽生え、夫婦としての結びつきをさらに強めることができます。そして、神前式は神社や神殿で行うため、ビジュアル的に美しく写真映えするのが特徴です。結婚式場に設えられた神殿のほか、世界文化遺産に指定されている神社で行うこともでき、一生に一度のセレモニーを素晴らしいロケーションで行えるのも魅力です。儀式も、ただ単に誓いの言葉を述べるだけでなく、二人揃って行う儀式も多く心に刻まれます。また、親族固めの杯のように新郎新婦の家族も巻き込んだ儀式もあるので、家族同士の絆が深められるのも特徴です。

和装が楽しめる

神前式

一昔前までは、新婦さんの結婚式の夢といえばお姫様のようなウエディングドレスを着ることでした。しかし、和装ブームが高まり、結婚式で白無垢や色打掛を着たいという新婦が増えています。和装は女性の美しさを2倍増しにしてくれるうえ、新婦らしい清楚なイメージになります。授かり婚の場合でも、和装なら体型をカバーできる衣装を選ぶことができるでしょう。また、新郎も紋付き羽織袴や色紋付き袴など新婦の衣装に合わせて選ぶことができ、絵巻から抜け出たような素晴らしいビジュアルが実現できます。神社や神殿をバックグラウンドに、和装が楽しめるのが魅力です。そして、神前式は自分が慣れ親しんだ神社であげることもできるので、結婚式が終わった後も二人の憩いの場として利用できるのがメリットです。散歩のついでに立ち寄ったり、初詣に訪れたりと、式のことを思い出しながら夫婦の歴史を刻んでいくことができます。子供が生まれ七五三や十三参りなどで神社に訪れると、さらに感慨深いでしょう。結婚式を挙げた神社が、夫婦や家族の歴史を見守ってくれるのです。そのほか、神前式は参列者の満足度が高いのもメリットです。日本の伝統に則って儀式が進められていくため、様式の結婚式よりも感動的だと感じる人が多いようです。特に、年配者は神前式を好む傾向が強く、親孝行のために神前式を選ぶのもありでしょう。新郎新婦だけでなく、参列者も幸せな気分にすることができます。

広告募集中